芸能人愛用コスメ 人気ランキング!化粧品・コスメ・クレンジングで美白へ

*

化粧品の選び方 サンプルで自分にあった化粧品を

   

高い化粧品は、安い化粧品の違いは?

化粧品の値段はかなりばらつきがありますが、値段と中身が比例するわけではないのです。

 

化粧品には標準価格帯というものがあり、ほとんどの化粧品は通常2000円~5000円、美容液などは3000円~10000円くらいが通常になります。値段がそれよりも低ければ、中身もそれなりのものになっています。

要は標準価格以下のものであれば成分も標準以下(成分が限られてくる)になるんです。

 

また、化粧品にもランクがあり、ヒアルロン酸でもランクが上のものと、下のものであは効果に差があるようですが、「同じ成分のものであれば、安いほうがお得」ということになります。

効果か化粧品には数万円もするようなものがありますが、ブランドバックと同じような感じで原料が高いから値段が高いのではなく、ブランドに対する価値、多くの研究に基づいてつくられているので値が張るということです。

 

だからといって人によって合う合わないがでてくるのが化粧品です。
まずは高いから効果的ではなく、なんの成分が入っていて、自分には合うだろうという選び方をすることをオススメします。。

 

化粧品を変えるときには

基礎化粧品を買い換えるときは、「一つのブランのライン替え」はNGです。

なぜなら、一気に全てを変えてしまうと、何が原因でよくなった、悪くなったがわかりづらいからです。「乳液」「化粧水」「美容液」??何が良かった・・・??

それに店舗などで案内を受けるとライン買いしてもらうことがお店の儲けにもつながりますから、すすめられても安易に買わないことです。

また全てあるブランドに替えてよくなったという口コミがあるかもしれませんが、自分の肌質は違います。その人はよかったとしても自分にはあわず、損をしてしまうなんてざらです

ポイントは

  • 必ず本品を購入する前に、サンプルを試す。

数日使えば大抵わかりますね。

  • 大瓶ではなく少量入った小瓶のものを選ぶ。

長く使っていると、やっぱりあわないなどでてくる可能性があります。
使いきれる量で、何度か使い切ってみることが最初は肝心です。

 - エイジングケア, 化粧品についての知識 ,

グロースファクター
error: Content is protected !!